コロナ騒ぎで私が勤める会社でも在宅勤務がスタートしています。
通勤しないで仕事ができるってラクでいいですね!無駄なおしゃべりや、いらない気遣いもゼロになって、作業効率が上がっている気がします。その分仕事のスピードが早くなって忙しいんですけどね。。。

さて、2月5日に会社を早退し、夜のお風呂での血の海事件の翌朝。
用心して夜用ナプキン(420mmサイズの特大サイズ)をして就寝したものの、大した出血もなく朝を迎えました。

いろんな人の体験談ブログを読むと「前日に今までにないような出血が起こり、翌日の夕方以降にさらなる出血で流産する」パターンが多く見られたので、今日の夜あたり来るのかも・・と思いました。結局、この読みは大当たりとなります。

この日は朝(というか昨夜から)おなかが空いて仕方なかったです。
なにかガッツリしたものを食べたくて仕方なくて、近所の弁当屋でからあげ弁当を買い、コンビニでコーンマヨパン、コンソメのポテトチップスを買い、まだ10時過ぎなのにそれらを貪り食べました。

食べ終わると猛烈な眠気が遅い、14:00ごろまで昼寝し、起きたらまたおなかが空いて、リンゴ一個を丸かじり。

とにかく直前は食欲が異常でした。今思うと、これは体がこの後の流産に備えていたように思います。

リンゴを食べた後も、なんだかだるくて布団にくるまって横になっていました。

そして17時。
イラストの仕事をちょっと進めておこうと思って、自室のPCの電源を入れ椅子に座った直後でした。

ドンッ!
という軽い衝撃が走り、大きな血の塊がナプキンに落ちた感覚が!

トイレに駆け込み便器に座ると、今まで経験したことのない大出血。
ドゥルンと塊が出る→サラサラした血がポタポタ落ちる。の繰り返し。
立ち上がる暇もなく絶え間なく続きます。

(こりゃ、本番が始まるぞ・・。)
と確信する私。

とりあえず、まだ職場にいる夫にLINEで連絡しました。
この時はまだ余裕があったので、
「トイレは占領しちゃうから会社で用を足してきてね!」とか、「もし貧血を起こしたら病院にTELしまーす!」みたいな事を連絡していました。

18時半頃に夫が帰宅するまで、断続的に出血していました。
ずっとトイレに座っているのもけっこうキツく、たまに夜用ナプキンをつけてトイレから出て、横になったりよつんばいになってみたりしましたが、すぐにナプキンが血で溢れてしまい10分も持ちません。

夫が帰宅してしばらくすると、貧血のためか少し頭がくらくらしてきました。この時点でもう1時間半、血を流し続けている・・・

胎嚢が出てくる気配もないし、血の勢いがおさまらない!というより出血の勢いが増してないか・・・?と思い、トイレで頭を下げて股の方を見ると、ポタポタどころか醤油差しくらいの勢いで血が出ている・・・!!!

血の塊の大きさもどんどん大きくなってきていて、ああこれはやばい、病院に連絡した方がいいかも・・・と思い始めた頃、握りこぶしくらいの大きさの血の塊がドゥルン!と出た感覚が。

その瞬間、目の前が白く霞み、チカチカしました。
そして意識が遠のいてゆく・・・!

やばいやばいやばい!
気を失うまいと必死に声をだし、手足をバタつかせ、なんとか倒れこむまいと必死に手足をトイレの壁につっぱり体を支えました。

なんとか失神せずに済んだものの、呼吸は明らかに浅くなり、手足が冷たくなって、血の気が引いているのがわかりました。
(こりゃ、先生に連絡した方がいいぞ・・・)
と、とりあえず夫に相談しようと必死にズボンを履いてトイレからリビングへ。

よつんばいでリビングに倒れこんできた私の顔を一目見るなり、夫が「顔色がおかしい!土色になってるぞ・・・」と。
もう私と夫で対処できる状態ではなかったので、病院に電話することに。
しかし運の悪いことにこの日は産婦人科の休診日。
私がトイレにいる間に、夫は緊急時用に教えてもらっていた先生の個人携帯番号に電話してくれていました。が、やはり休診日の夜。何回か電話したけど繋がらないとのこと。

最後にもう一度、先生に電話して、これで繋がらなければ救急病院に電話しよう、と祈るような気持ちでコール音を聞く私たち。
そうしたら30コールくらいで先生が電話に出てくれた!

今から病院に来てもいいと先生に言われ、すぐにタクシーを呼んでもらい産婦人科へ。
18時50分、この時点で出血が始まって2時間弱でした。