夜中、2回くらい子宮がぎゅーっと痛くなり起きてしまいましたが、出血が始まることもなく、なんとか朝を迎えることができました。
それでも眠りは浅く、5時に目が覚めちゃったけど…

今日の手術は全身麻酔を受ける予定なので朝ごはんは抜き。
水も飲んではいけないため、喉が乾いててもかるくうがいをするだけでガマン。

身支度をして、手術開始の8時前に着くように産婦人科へ向かいます。
手術日当日の持ち物は、
・本人と保証人の氏名記入・捺印済みの手術同意書
・生理用ショーツ
・夜用ナプキン4〜5個
あとは産婦人科の診察券と、手術代用の現金5万円。
(先生に聞いたところ、5万円あれば足りるよと言われたので)

産婦人科は自宅から歩いてすぐの場所にありますが、道中で何かあると不安だったので夫についてきてもらいました。

子宮を刺激しないように前屈みで歩く私

7時50分、産婦人科に到着。
夫に手術が終わって麻酔が切れるはずの11時半頃に迎えにきてもらうよう頼み、いったん帰ってもらいました。

待ち構えていた看護師さん(昨日がっくりしてた人)に、いつもは扉が閉じたままで見えないロビーの奥の部屋へ通されました。
おお、この病院てこんなに広かったのか…と感心する暇もなく、

「はい、荷物はこちらに!」
「はい、下は全部脱いで!」
「上は肌着の上にこれを着てください!」

と慌ただしく手術用の服に着替えさせられました。

着替えが終わるとすぐ手術室へ。ノーパンのままスリッパ履いて移動するのってなんか心細い…。

手術室に入ると、手術台らしきものが2つ並んでいるのが見えました。
二つとも形状がちがうな、と思ったのですが、ああそうか片方は分娩台なんだなとすぐ気がつきました。
あーあ、そっちに寝たかったなあ。

手術代に乗ったまま分娩台を見ていると、看護師さんが「うちは今は分娩をやっていないのよー、使ってないからもったいないわよねえ」と言いながら手術の準備をしていました。
私のいとこがここの産婦人科で産まれたと母に聞いたので、もしかしたらあの分娩台でいとこは生を受けたのかなあ、なんて感慨深く思ってましたが、後になっていとこが40代になっていることを思い出しました。
流石にあの分娩台では産まれてないはず…

手足を固定するのは麻酔で寝てる間に転げ落ちないようにするため

そして手術着を着た先生が登場。
朝早くからありがとうございます、とまずお礼を伝えました。
診療開始時間より一時間も早く手術してくれるんだもの。

「おはようございます、じゃあ早速手術しちゃいましょう。」
テキパキと準備を進めてくれる先生。麻酔を打つ段階になって
「これから眠っちゃう麻酔を打ちますが、喘息はもってませんよね?」
と喘息の有無について質問されました。

「えっ…数年前に軽い喘息になったことあります…けど…」
ともごもご答えると、先生と看護師さんが顔を見合わせて「えーっ」と声をあげて肩を落としました。

手術室の空気が一変した


じつは数年前に軽い喘息の症状が出て、治療した経験のある私。
軽い症状だったし完治したと思っていたので、既往歴(いままでにかかった大きな病気を医師に知らせる欄)には記載していなかったので、先生は私が喘息の経験があると今知ったことになります。

「喘息の既往歴があると、予定していた麻酔が使えないんです。」
と先生。
ええええ、そんな大事なことだったのか!
「喘息持ち」って何年も喘息を患っていて症状もひどい人のことだと思っていたけど、私もそのカテゴリに入るのか!

時間もないのに、麻酔取り替えの余計な作業をさせてしまった…!
これからはちゃんと既往歴の欄に「喘息」と書こうと思いました…。

もしや、麻酔なしでの手術になるのか…?と不安になりましたが、
「予定していた薬より成分が弱い薬ですが、喘息の人にも使える麻酔に変更します。」
とのことで、先生は看護師さんに手際良く指示をして点滴のパックを交換しました。

そして左手首にさした針から麻酔薬が投与され、少しすると喉が焼ける感覚がして、視界が狭まり意識がぼんやりし始めました。

このまま眠って意識がなくなるのかな…と思ったのですが、いっこうに意識が落ちる気配がない。
半分眠っている様な、ぼんやりした感じではあるけど、手術室の天井もぼんやり見えるし先生たちの話し声も聞こえるぞ…?

先生に
「なんかねむれないんれすけろ(眠れないんですけど)」←ろれつが回らない と聞くと、
「眠れそうなら寝ちゃってください。予定より弱い薬なので完全には意識は落ちないと思います。」
との回答が…

えええええ、じゃあ手術中も意識があるままなの?
眠ってる間に手術が終わって、ぜんぜん痛くなかった!という流れを予想してたのに!!!!

心拍数MAX

焦る私を尻目に、手際良く手術の準備を始める先生。
予想外の展開で手術が始まりました。
といったところで今回の更新はおわります。なかなか手術に進めない・・・